【新潟の冬イベントを楽しもう!】しおざわ雪譜まつり

こんにちは、にいがたライフ係長の南波太郎でございます。

さて、今回は来る2019年2月16日(土)に南魚沼市塩沢で行われる「しおざわ雪譜まつり」をご紹介したいと思います!

どんなイベント?

そもそも「雪譜」って何のことかわかりますか?僕はわからなかったのですが、この「雪譜」とは越後塩沢出身の文筆家である鈴木牧之さんが江戸時代に出版した「北越雪譜」という本から来ているらしいのです。

この北越雪譜は雪深すぎる魚沼の文化などを書いた本らしいのですが、当時その本を読んだ江戸っ子は「どんだけ雪深いんだよ!やべーな(笑)」と、なるわけでして、それはそれはとてもよく売れたらしいのです。


で、塩沢の人たちは、この北越雪譜とそれを書いた鈴木さんを強くリスペクトしているもですから、その思いはいつしか「しおざわ雪譜まつり」という形で表現されるようになったのでした、とさ。(たぶん)

見どころ!

このイベントの見どころは何といっても、13:00から行われる「歌舞伎」と17時30分から行われる「百八燈護摩」といわれる神事です

歌舞伎

歌舞伎って敷居が高くて敬遠してしまいそうですが、この「しおざわ雪譜まつり」の歌舞伎はなんと、市長さんや区長さん、さらには湯沢信用組合理事長さんなんかが役者として出演するらしいのです。この地元に根差し自分たちで作っている感じがいいですよね!だって皆さん仕事の合間に頑張って稽古しているらしいんです。ちょっと応援したくなりますね!

百八燈護摩

百八燈護摩 (ひゃくやっとうおおごま)とはとても珍しい神事で、会場には全部で608本のろうそくに明かりを灯し、その中心で神事が行われます。

下の動画を見ていただければわかると思いますが、幻想的な雰囲気と迫力がすごいのでぜひ見ることをおすすめします!

MEMO

他にも餅つきや甘酒のサービス、ステージショー、飲食ブースもありますし盛りだくさんですよー!

イベント詳細

会場:新潟県南魚沼市塩沢(鈴木牧之記念館周辺)

日時:2019年2月16日(土)11:00~20:30

お問い合わせ:塩沢商工会

       【TEL】025-782-1206

料金:無料

タイムスケジュール

11時:水行/南魚沼市清水地内 火生の滝
12時30分:「北越雪譜」弾き語り /塩沢信用組合
13時00分:雪中の戯場/勤労者体育センター
オープニング:塩沢着物ショー第一部:舞踊、第二部:地元名士歌舞伎、第三部:歌舞伎
14時:グルメテント村開店/ふれあい広場
14時:着物展示会 小物抽選会/鈴木牧之記念館
15時:子ども福餅まき /野外ステージ
16時30分:山伏行列・神輿徒行 /牧之通り~会場
17時:ローソク点火/塩沢中央公園
17時30分: 百八灯大護摩 /塩沢中央公園
18時:餅つき/ふれあい広場
18時30分:雪のステージイベント/野外ステージ
 ゲスト:One Free Nine、葉月みなみ、典子モダンダンス・スタジオ&J.W.S 
20時:福餅まき(子ども・一般)/野外ステージ
20時30分 終了

もっと知りたい方は南魚沼市のイベント情報ページをご確認ください。

まとめ

いかがですか?

北越雪譜の著者鈴木牧之に思いはせつつ、幻想的なお祭りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

以上、ありがとうございますたー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です